安いオールドレンズ、28mmのお薦めはこれだ!

「オールドレンズ+ミラーレス一眼」で楽しむのに僕が使っているNEXシリーズとか、富士フィルムのXシリーズのXマウントとか、イメージセンサーが「APS-C」のものは、焦点距離が約1.5倍になります。

 なので、オールドレンズの28mmというのは、42mmくらいになります。やや「広角レンズ」ってことになって、この28mmよりもより広角(mmの数字が小さくなる)になると、お値段も桁違いにしてきます。ので、お安いオールドレンズの中では、わりと広い画角で撮れるのがこの28mmなのです。

 28mmのレンズもオールドレンズ玄人ユーザーさんの意見を聞きつつ、安いレンズのご紹介です。一万円を超えないように、できれば五千円以内でゲットできるようなレンズを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

  • PENTAX Super-Takumar 28mm F3.5
  •  「M42マウント」のレンズです。50mmのレンズ同様、28mmでもオールドレンズユーザーにPENTAXのレンズは高評価です。「Super-Takumar」を紹介していますが、同じく「Super-Multi-Coated TAKUMAR」(SMC TAKUMARとも)も評価が高いです。

     「Super-Multi-Coated TAKUMAR」の方が、サイズも小さく持ち運ぶことを考えると、いいかもしれませんね。どちらでも状態がよくて、より安いものを見つけられるといいですね。

    セカイモンでPENTAX Super-Takumar 28mm F3.5を探す

  • NIKON NIKKOR-H auto 28mm F3.5
  •  「ニコンFマウント」のレンズ。今もカメラ産業を牽引し続けるNikonニコンのレンズ。ニコン初の一眼レフが発売され、「備えるべき王道レンズのセット」としてあげられたうちの一本が、、このレンズです。そして、長いことこのレンズは設計を変えずに作り続けられたロングセラーなのです。ので、数がたくさんあるので、安く手に入れることができるのです。

     見た目的なことで言えば、初期のものが、先が銀色で僕的にはかっちょいいなーと思いますが、性能的には後期のものでも変わりません。むしろ、状態がいいものが多いかもしれませんね。

    ニッコール千夜一夜物語 第12夜」も参考にしてみてください。

    セカイモンでNIKON NIKKOR-H auto 28mm F3.5を探す

  • MINOLTA MC W.ROKKOR-SG 28mm F3.5
  • 「ミノルタSRマウント」、「ミノルタMC/MDマウント」と呼ばれるマウント。このレンズより後発でもうちょっと明るいF2.8のレンズもあるのですが、多くのオールドレンズユーザーが、F3.5のこのレンズのほうが好きと言っています。

     このレンズは長く改良を重ねて作られているので「SG」が付いてなかったり「MC」のところが「MD」だったりと、ややこしいです。そのレンズがダメだ、ということではありませんが、ここで紹介しているレンズは「MC W.ROKKOR-SG 28mm F3.5」です。

     レンズの名前って、ほんとややこしーですよね。

    セカイモンでMINOLTA MC W.ROKKOR-SG 28mm F3.5を探す

  • Canon FD 28mm F2.8
  •  「キャノンFDマウント」です。当時はプロのカメラマンも愛用したキャノンのFDマウントの28mm。その後のキャノンの新機種に使えなくなったために、使う機会が少なかったが、「オールドレンズ+ミラーレス」で復活!

     シャープでしっかりとした描写、その安定感がこのレンズの魅力。安定感があるのは初心者にとっても使いやすいレンズ。で、けっこうタマ数もあるので、わりと見つけやすくて、値段が安いのも魅力的です。

    セカイモンでCanon FD 28mm F2.8を探す

  • KONICA HEXANON AR 28mm F3.5
  • 「コニカARマウント」のレンズです。僕の愛用しているコニカのヘキサノンARというレンズの28mmです。ピントを合わせるリングが、金属のものと、ゴムでできたものとがあります。

     良く写ります。このレンズにはもっと明るいレンズもあるのですが、コストパフォーマンス的なことで言えばこのF3.5の評価は高いです。数もまあまあ多いので見つけやすいですし。

    セカイモンでKONICA HEXANON AR 28mm F3.5を探す

スポンサードリンク

このページの先頭へ